ふくおか市民政治ネットワーク

higashiku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市東区 > 活動内容 > 自衛隊への名簿提供を中止するよう申し入れました。

自衛隊への名簿提供を中止するよう申し入れました。

1月9日、森あやこは、会派を組む荒木龍昇議員と2人で、福岡市と福岡市個人情報保護審議会に「自衛隊への名簿提供中止の申し入れ」を行いました。

名簿提供抗議申し入れ文(市長宛)
名簿提供抗議申し入れ文(個人情報保護審議会宛)

年末12月29日付で「福岡市は自衛官募集のために高校卒業年齢18才・19才および大学卒業年齢の22才・23才の福岡市民の名簿を防衛省に提供することを固めた」旨の報道があり、1月6日の市長記者会見で、システム改修により住民基本台帳から適齢年齢者を抽出できるようになり、紙と電子媒体で自衛隊側に提供できると表明しています。(これまでは閲覧・書き写しの許可に留めていた)

今後4月までに、福岡市個人情報保護審議会に諮り手続きを経れば、新年度から福岡市民の個人情報を自衛隊に提供することに。私の次男も今年23歳。個人情報が簡単に提供されます。



個人情報を本人の同意を得ることなく提供することは「人々はすべての基本的人権の享有者であり、個人として尊重される」とした憲法や地方自治の基本は住民の福祉増進である」とする地方自治法に違反します。更に、個人情報保護法違反です。

2017年度の名簿提出は市町村の36%、適齢者をピックアップするための住民基本台帳の閲覧や書き写しを認めている市町村は53%、全国でも閲覧もさせず自衛官募集ポスター掲示なども一切協力をしてない自治体もあります。国と地方自治体は対等の関係で、国へ忖度する必要はありません!



住民基本台帳は2006年の法改正で民間の閲覧ができなくなり、公的機関でも写しの交付など提供に便宜が図られているのは自衛隊だけ。福岡市のこれまでの見解は「紙や電子媒体を提供しないのは個人情報保護条例に抵触するため」でした。髙島市政になってから自治権放棄が進んでいます。

緑と市民ネットワークの会として、個人情報の管理を厳正に行いプライバシー・人権を守る責務を果たすことを求め、自衛官募集のために名簿提供することをやめるよう強く求めた申入れを1月9日に福岡市と福岡市個人情報保護審議会へ行いました。

2020/01/10活動内容

私たちが目指す未来

福岡市東区

森あや子

福岡市議会議員(東区)

「みどりの地球をみどりのままで子どもたちに」、森あや子は、この言葉に出会ったとき深い感銘をうけました。その後、子どもたちの未来を守るのは私たち!との思いで地域の活動やネットワーク運動に参画し、学校給食のアレルギー対応など、ネット議員と一緒に改善してきました。
森あや子は、介護や地域の子育て支援、脱原発運動などの経験を活かし、女性の視点、暮らしの視点で「誰もが安心して自分らしく暮らせるまちに!」を目指して活動しています。

------------事務所のご案内------------
森あや子とすこやかな未来をつくる会
〒813-0044
福岡市東区千早5-17-18TKビル2号館 1F
TEL 092-662-5077
FAX 092-662-5097
Email higasi@fnet.gr.jp

ホームページ
http://www.fnet.gr.jp/higashiku/

ブログ
http://ayako966.blog.fc2.com/

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP