ふくおか市民政治ネットワーク

ふくおか市民政治ネットワーク > お知らせ > 安倍内閣による憲法解釈の閣議決定に強く抗議します

安倍内閣による憲法解釈の閣議決定に強く抗議します

7月1日、安倍内閣は臨時閣議において、憲法解釈を変更し、集団的自衛権を行使するための閣議決定をおこないました。

 私たちふくおか市民政治ネットワークは、国の最高法規である憲法を解釈だけで、根底から変えてしまう閣議決定に対し、強い怒りを持って抗議します。

 この国が武力によって戦争に参加するという重大な選択は主権者・国民が決めることです。憲法によって権力を縛られる立場の為政者が、すり替えや詭弁によって、これまで築いてきた平和を尊ぶ国民の願いを否定し、「戦争ができる国」への道を歩み出すことは絶対に許されません。

昨日、与党合意した閣議決定案に対して行われた首相官邸前の抗議デモには、合計で1万人を超す人が参加し、今なお全国各地でデモが行われ、多くの国民が抗議の声を挙げています。また、190余りの地方議会からも、集団的自衛権への慎重な対応を求める意見書が提出されています。

立憲主義を無視した政治に、私たちは強く抗議するとともに、独裁政治をさせないために、政治家、市民、さまざまな運動主体に、暴走を止めるために声をあげることを呼びかけます。

 平成26年7月2日

ふくおか市民政治ネットワーク 共同代表 倉掛小竹

2014/07/02お知らせ

私たちが目指す未来

リンク

伊藤ともこ 笠井かなえ 讃井さちこ 田中じゅんこ 森あや子 清水みちこ 伊東ようこ 安里まさえ 市民運動助成金 自治体議員立憲ネットワーク お知らせ一覧 全国市民政治ネットワーク
Page TOP