ふくおか市民政治ネットワーク

ふくおか市民政治ネットワーク > お知らせ > 安全保障関連法案の強行採決に抗議します

安全保障関連法案の強行採決に抗議します

ふくおか市民政治ネットワークは、衆議院特別委員会で安全保障関連法案が強行採決され可決されたことに、強く抗議します。

70年前、二度と戦争はしたくないという市民の強い願いをあらわした平和憲法「日本国憲法」が制定されました。70年もの長きにわたり、日本人が誰一人、戦争で人を殺したり殺されなかったのは、世界でも稀有な憲法9条の平和主義が貫かれてきたからです。

「戦争法案」の内容もさることながら、憲法を無視し、一強他弱の国会勢力を背景に、強硬な手段で可決に持ち込む安倍政権は、もはや独裁政治に他なりません。

戦後70年の節目の年に、集団的自衛権の行使を可能にし、戦争のできる国へと大転換することは、決して許されません。

「立憲主義」「国民主権」「議会制民主主義」を蔑ろにし、平和主義を顧みない安倍政権と与党に対し、私たちふくおか市民政治ネットワークは断固抗議するとともに、今後もこの法案を廃案にするため、ローカルから市民の皆さんとともに行動していきます。

 

 

2015/07/18お知らせ

リンク

田中じゅんこ 清水みちこ 伊東ようこ 安里まさえ 笠井かなえ 稲生(いのう)まりこ 北九州 広報紙 自治体議員立憲ネットワーク お知らせ一覧 全国市民政治ネットワーク
Page TOP