ふくおか市民政治ネットワーク

ふくおか市民政治ネットワーク > お知らせ > あの日から5年 さらに原発のない未来を強く描こう!

あの日から5年 さらに原発のない未来を強く描こう!

多くの命を奪い、人々の生活を奪ったあの日から5年が経ちました。

震災後、避難生活などで亡くなった「震災関連死」は、3000人を超え、震災による死者・行方不明者を加えると2万1000人にものぼりました。改めて犠牲となられた全ての命に哀悼の意を表します。

原発事故を経験し私たちはこれまでの生活を見直し、誰かの犠牲の上に成り立つ快適さを改めなければならないと強IMG_1662[1]く思いました。

しかし、九州電力川内原発に次いで、四国電力伊方原発、関西電力高浜原発と休止していた原発の再稼働が進められています。今なお18万余の方が避難生活を余儀なくされているにもかかわらず政府や原発産業は原発に依存する考えを変えてはいません。

それでも脱原発から自然エネルギーへの転換の意識は確実に広がりつつあります。3月9日に滋賀県の大津地裁で関西電力高浜原発3.4号機が運転停止となりました。稼働中の原発がこうした処分で停止するのは初めてのことです。

「事故ではなく私たちの手で止める」

もう2度と多くの命を危険にさらし、人々のきずなを分断する過酷事故を繰り返してはならない。あの日から5年ー私たちは子どもたちの未来の為に、さらに強く原発のない未来を心に描き行動し、市民の力で原発の火を一つ一つ、消していきます。

ふくおか市民政治ネットワーク 共同代表 倉掛小竹

 

 

2016/03/13お知らせ

リンク

田中じゅんこ 清水みちこ 伊東ようこ 安里まさえ 笠井かなえ 稲生(いのう)まりこ 北九州 広報紙 自治体議員立憲ネットワーク お知らせ一覧 全国市民政治ネットワーク
Page TOP