ふくおか市民政治ネットワーク

ふくおか市民政治ネットワーク > お知らせ > 今こそ安倍・自民党政治にNO!を示そう!!

今こそ安倍・自民党政治にNO!を示そう!!

突然の解散総選挙に持ち込んだ安倍・自民党政権に抗議します!
7月5日の記録的大雨や台風5号などによって、地元 福岡県の朝倉市、東峰村、大分県をはじめ、全国各地に甚大な被害がもたらされました。人命、家屋、働く場など多くが失われ、数か月たった今も、被災した国民の多くがこれからの生活に大きな不安を抱えています。被災地の自治体も、混乱し疲弊しています。
また、北朝鮮の核保有疑惑やミサイル発射などが東アジアで緊迫した情勢を生む中、このタイミングで総選挙を行うことは政治的な空白をつくることになります。
このような状況下で総選挙を行うことは、とても理解できません。
「森友・加計問題」など安倍首相に不都合な問題について説明責任も果たさず、政権与党にとって政権維持や継続に都合のよいタイミングというだけで、突然の解散選挙に持ち込んだとしたら、とても許せることではありません。主権者である国民をなおざりにする行為に大変憤りを覚えます。

今回の解散総選挙で、大切な法案も流れてしまいました。この間、ふくおか市民政治ネットワークも賛同して働きかけてきた「政治分野における男女共同参画推進法案」(各政党に選挙候補者を男女半々にするよう求める法案)もその一つです。

私たち ふくおか市民政治ネットワークは、今回の総選挙で、安倍・自民党政権への支持反対を表明し、私たちと意思と行動を同じくする人を増やします。

ふくおか市民政治ネットワークは、暮らしに最も近い地方自治体議会に女性議員を送り出して市民と活動してきました。その経験から、国政選挙に際しては、時々に応じて、脱原発依存や武力に頼らない安全保障政策などについて、候補者・政党と政策協定を結び、支持・あるいは推薦をしてきました。しかし、今回の突然の総選挙では、十分に各党の予定候補者の意見を聞いたり政策協定を結ぶ時間は残されていません。そこで、私たちは国民の皆さんに提案します。

選挙に行きましょう!
選びたい候補者がいない?? 棄権や白票は、自民党政権を利するだけです。
小選挙区では、より、マシな候補者を選択しましょう!
比例区では、連立政権やそれに与する政党は選ばないようにしましょう!

憲法改悪につながる流れをストップさせましょう!! 
まずは、安倍政権にNO!の意思を表明しましょう。

 

 

2017/10/06お知らせ

リンク

讃井さちこ 笠井かなえ 伊藤ともこ 森あや子 豆田ゆう子 伊東ようこ 西みちよ かみむら幸子 市民運動助成金 自治体議員立憲ネットワーク お知らせ一覧 全国市民政治ネットワーク
Page TOP