ふくおか市民政治ネットワーク

ふくおか市民政治ネットワーク > お知らせ > 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の下で迎える憲法記念日に

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の下で迎える憲法記念日に

今日、5月3日は憲法記念日です。
「国民主権」「基本的人権の尊重」そして「平和主義」を定めた日本国憲法の施行を祝う大切な日を、私たち日本国民は、今年、新型コロナウィルスの感染拡大を受けた「緊急事態宣言」の下で迎えています。さらに、緊急事態宣言は1カ月程度、延長される方針であると、5月1日に安部首相は示しました。

 これまでも学校等の休校要請、イベント自粛、休業要請、営業自粛、さらには連休中の移動自粛の要請が都道府県知事から求められてきました。私たちはみな、医療崩壊を招かないために、これらの要請を受け止め、協力しています。しかし、先の見えない事態に、多くの人がストレスを抱えています。

一方で、仕事を休みたくても休めない人も多く、さらには仕事や居場所を失う人も増えています。医療現場やケア労働を担う人、社会の維持のために働く人に対して、差別が起きていることは、本当に残念なことです。

私たちは、この状況があくまでも、例外的な状況であることを心に留めておかなければなりません。
憲法は、国民のためのものです。憲法は、「為政者が定めて国民に守らせるもの」ではありません。権力を持ったものが、国民の生活に介入し、暴走することを防ぐために「国民が定めて、政府・為政者に守らせる」ものなのです。

国民全体の利益と称して、個人の人権が蹂躙されてよいものではありません。
ましてや、安部首相が突き進もうとしている9条改憲、とりわけ「緊急事態条項」制定に向けたきっかけとしてはなりません。

私たちふくおか市民政治ネットワークは、引き続き、今ある生活の不安や困りごとに応える政策提案に自治体議会でしっかり取り組むとともに、緊急事態宣言のもとでも進められる施策に、きちんと科学的根拠に基づいた説明と情報公開を求め、国民の意思でこの状況を乗り越えていけるよう取り組みます。

2020/05/03お知らせ

私たちが目指す未来

リンク

伊藤ともこ 笠井かなえ 讃井さちこ 田中じゅんこ 森あや子 清水みちこ 伊東ようこ 安里まさえ 市民運動助成金 自治体議員立憲ネットワーク お知らせ一覧 全国市民政治ネットワーク
Page TOP