ふくおか市民政治ネットワーク

jonanku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市城南区 > 活動内容 > これは本当に大変!安保法制

これは本当に大変!安保法制

7/19(日) 自治体議員立憲ネットワーク主催の『迷走日本と集団的自衛権』講演会で、
改めて今、日本は岐路に立っていると感じた。

講師の柳澤協二氏は元内閣官房副長官補。
政権内部からの視点で強行採決された1つの新法と10本の改正法からなる安保法制の問題点を聴いた。

この法案で一番大きく変わるのは…
今まで自衛隊は万が一のときにしか武器の使用が出来なかったのが、
任務遂行のために平時から使用出来るようになる。=国の軍隊と一緒!

平時から米艦を防護出来るようになる。
安倍首相の論理では…米艦を守る→強固な同盟を示す→抑止力が高まる→戦争にならない
だけど、米艦を守ったら相手国にとって日本は敵国に→攻撃を誘発する=抑止力にならない
抑止力というのは「やるならやってみろ、やったらひどい目に合うぞ」というもの。
だけど、抑止されたくない国はもっと強くなろうとする。=軍拡競争になってしまう

などなど、法案を一つ一つ紐解いてみると、とんでもなく大きく変わるものばかり。 
戦争誘発の可能性を増やす法案ばかり。
これらは、これからの私たちの暮らしを大きく変えてしまうもの。
一人ひとりが自分の頭で考えなければ、と思う。まだ出来ることはある。
来年夏は参院選。決定の場である国会に誰を送り出すかは、私たちが選ぶこと。
権利者は時に暴走する。それは歴史を見れば明らか。
だから、私たちは普段から政治を人任せにしないことが大切なのだと思う。

平和な暮らしに感謝し、維持していく努力をしていきたいと改めて思った。

副代表 杉崎佳代子

ネット・福岡城南では、7月22日「講演会を受けて、思いを語る、
知らせる」会を行いました。今からでも私たちにできることはある。
〝戦争をしない国であり続けたい!” 多くの人と思いをともにし
民意の力を示していきたいと思います。

DSC04113
2015/07/29活動内容

福岡市市城南区

shimizu_180713

清水みちこ

代表

福岡市議会の議員は62人中女性がたったの6人。
私たちの暮らしを決定するのが、男性ばかりで良いでしょうか? 
女性が担うことの多い子育てや介護などで気付くことを直接議会に届けられたら、もっと社会は変わるはずです。
今、城南区に女性議員はいません。
福岡市議会に女性議員を増やし、もっと住みよい福岡市にしていきます。

------------事務所のご案内------------
〒814-0133
福岡市城南区七隈4-3-1
すえよしビル2F
TEL/FAX 092-866-3402
ふくおか市民政治ネットワーク・福岡城南

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP