ふくおか市民政治ネットワーク

jonanku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市城南区 > 活動内容 > 未来をつくる政治の時間 報告

未来をつくる政治の時間 報告

2/5(金)の【未来をつくる政治の時間】今月のテーマは「憲法ビフォー→アフター ~そんなふうに改憲するの⁉」でした。

今夏の参院選で「改憲」を争点にすると言う安倍首相。どのように憲法を変えるのでしょう?

憲法は、法律ではありません。法律は、国家が国民に課した“社会の秩序を守るためのルール”。
で、法律をつくるのは国会という国家権力だけど、そこでとんでもない法律がつくられないように国家権力を縛るのが憲法。
憲法制定権は国民にあります(=国民主権)。

だから憲法は私たち国民に向けられた規範ではないのです。

ところが自民党が打ち出している「自民党憲法改正草案」では、憲法は国民を縛るものにすり替わっています。
国民が守らねばならない義務が大幅に増えています。
例えば、国防の義務、日の丸・君が代尊重義務、領土・資源確保義務、公益・公の秩序服従義務、家族助け合い義務、緊急事態指示服従義務……

とくに、緊急事態だと内閣が言ったら国民の生活は政府の統制下における、という「緊急事態条項」は怖いなと思います。これが通ったらどんな決まりもあってないようなもの。

「改憲」と言っても、どこをどう変えようとしているのかを、私たちがよく考えなければなりません。
子どもたちに申し訳の立たない未来にする前に。 副代表 杉崎 佳代子

憲法4

2016/02/15活動内容

福岡市市城南区

清水みちこ

代表

暮らしの声を政治で解決していきます。
女性が担うことの多い子育てや介護などで気付くこと、困っていること。
あなたが困っている問題は社会の問題です。
子育てや介護で孤立しない福岡市にしていきます。

------------事務所のご案内------------
〒814-0133
福岡市城南区七隈4-18-33
レジデンス七隈105
TEL/FAX 092-866-3402
ふくおか市民政治ネットワーク・福岡城南

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP