ふくおか市民政治ネットワーク

jonanku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市城南区 > 活動内容 > 年をとっても安心して暮らしていくために

年をとっても安心して暮らしていくために

5月28日の「暮らしのことことカフェ」では「NPO法人市民後見センターふくおか」による出前講座で成年後見制度について学びました。

成年後見制度とは、認知症や知的障害などが原因で判断能力が不十分になった人の権利を守り、日常の暮らしを支える制度です。後見人は本人の意思を尊重しながら財産管理や生活のサポートをします。

2つの制度があり、
①任意後見制度…判断能力に問題がないときに、将来判断能力が低下したときに備えて、あらかじめ後見人を決めておく制度。サポートの内容も自分で決められます。
②法定後見制度…認知症などで判断能力が衰えてきたときに家庭裁判所に申立てをして支援する人を選任してもらう制度。

判断能力の程度によって3段階(後見・保佐・補助)に分かれていて、支援の内容も異なります。

年をとっても安心して暮らしていくために、どんな制度があるのか、まずは知るところから始めましょう。

もっとくわしく知りたい方は、地域にある地域包括支援センターで教えてくれます。

                                             (運営委員:坂田 幸子)

IMG_2688IMG_1984

 

 

2018/06/05活動内容

福岡市市城南区

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP