ふくおか市民政治ネットワーク

jonanku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市城南区 > 基本政策 > 産前産後支援の充実を求める意見書 その6(最終)

産前産後支援の充実を求める意見書 その6(最終)

6月に市長に提出した「産前産後支援の充実を求める意見書」について、5回にわたってお知らせしてきました。

昨年私たちの行った調査に、多くの子育て中の方や子育て支援の現場にいる方たちにご協力いただきました。本当にありがとうございました。

福岡市の母子健康手帳の交付は、2017年に市内医療機関から各区の保健福祉センター(保健所)に変更になりました。妊娠中に保健所まで出向くのは厳しいのではないかと心配ですが、保健福祉センターで助産師等の専門職の人が出産前後を見守る仕組みになりました。

しかし、母子健康手帳交付時に行われる「妊娠届時アンケート」では、二者択一の回答では実態は伝わりにくい、「不安や心配なことがあったら」と聞かれても、その場ではなかなか書けないなどの意見がありました。

なんとなく不安でも、それを言葉にしたり、問題点を見つけ出したりすることが困難なこともあるようです。

福岡市の出生数は1か月あたり約1000人(城南区は80人)です。

ひとりひとりが、安心して出産できるように、制度をつくるだけでなく、その制度を使いやすくし、だれもが利用できることが大切です。

何か困ったり不安なことがあったときは、ひとつの窓口に相談すれば、その人が必要としている制度に辿り着けるよう、産前産後を通じてきめ細かく寄り添うことが必要だと思います。

市民の声はなかなか届きませんが、繰り返し届け続ける必要があると思います。

わたしたちふくおか市民政治ネットワーク・福岡城南では、今後も皆さんからの意見を届けていく活動をしていきます。

また、コロナ禍での子育てで孤立したり、不安を感じたり、困っている方がたくさんおられると思います。

どうぞ声を聞かせてください。

一緒に安心して子どもを産み育てられる福岡市をつくっていきましょう!

 

福岡市市城南区

清水みちこ

代表

暮らしの声を政治で解決していきます。
女性が担うことの多い子育てや介護などで気付くこと、困っていること。
あなたが困っている問題は社会の問題です。
子育てや介護で孤立しない福岡市にしていきます。

------------事務所のご案内------------
〒814-0133
福岡市城南区七隈4-18-33
レジデンス七隈105
TEL/FAX 092-866-3402
ふくおか市民政治ネットワーク・福岡城南

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP