ふくおか市民政治ネットワーク

kitakyusyu image
ふくおか市民政治ネットワーク > 北九州市 > 基本政策 > 選挙報告会を開催 ~北九州市議会議員選挙をふりかえって

選挙報告会を開催 ~北九州市議会議員選挙をふりかえって

2月4日(土)に、午前と午後と2回にわたって、「選挙報告会」を開きました。
午前中は13名、午後は14名の方といっしょに、選挙戦を振り返って感じたことや気付いたことを出し合い、大きな課題である「投票率をあげるために行政に提案すること」や「市民として何ができるか」等を話し合いました。
今回の投票率は過去最低の39.2%、八幡西区は38.11%でした。
今回から定数が4削減され、全体で57の議席を80人が争う熾烈な選挙でしたが、
棄権も多く、「誰を選んだらよいかわからない」との声もあとで聞きました。「選挙公報を!」と、これまで前代理人が議会でも提案し、またネットとして議会運営委員会に市民の声を届けててきましたが、もう一度市民の側からも選挙公報を要求していかなければならないと考えています。また、投票だけを促しても、18歳はもとより、若い世代の投票率があがるわけではなく、日常的に政治をタブー視せず暮らしに直結するものとして、どうとらえ、教育し、市民の間でも議論を高めていくか、考えていきたいと思います。

さて、今回の、ネット・北九州の選挙の目標は、ネットワーク活動をさらに広げていくために、八幡西区のネットの議席を新人候補で継続することでした。選挙に向かう準備や、選挙活動を通して、新しい候補者・さぬい さちこの回りに、新しい人の輪が広がりました。そして、さぬい さちこを通して市政への関心を高めた市民の中から、さぬいさちことともに、ネット活動を進める新しいメンバーが誕生することとなり、2期8年のローテーションを通して、政治にかかわる女性を増やすこと・政治を日常的に語れる場があるありがたさ、力強さを実感しました。
新年度予算を決定していく2月議会が近づいています。さぬいさちこを通して、市民の声をもとに引き続き、ネットは政策提案、政策実現に向けて行動していきます。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内
☆ プログラム☆
① 選対委員長 挨拶 山本 真理
② 選挙結果総括説明 選対事務局長 畠山 恵美
③ 参加者から選挙をふり返っての感想・意見発表
④ 讃井さちこから御礼&今後の抱負説明
⑤ 2017年選挙に関する会計報告 吉田純子
⑥ 今後の課題&取り組みについて意見交換
⑦市民政治を広げるためのネットのルール等

2017/02/05基本政策

北九州市

gin_sanui

讃井(さぬい)さちこ

北九州市議会議員

かつて仕事と子育ての両立に悩み、保育園探しに苦労したこと、東南アジアで「放っとけない!!」と感じた格差や貧困、平和への願い。私が体験してきたこと、感じたことは、すべて政治につながっていると気づきました。
今、女性の力が社会に求められています。女性も、培ってきた経験やキャリアを活かし、多様な生き方を選ぶ時代になりました。でも、いまだに家事や子育て、介護など家族のケアは女性の肩に大きくのしかかっています。
私、子育て世代の讃井(さぬい)さちこは、女性が多様な働き方を選べ、安心して暮らせる社会をつくるため、そして一票を持たない子どものために精一杯がんばります。あなたと政治をつなぐ懸け橋になります。

------------事務所のご案内------------
・北九州事務所 
807-0851
北九州市八幡西区永犬丸3-11-5
コーポ梶原101
TEL 093-693-4170

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP