ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > 政策協定を結び、推薦を決定

政策協定を結び、推薦を決定

3月6日(金)、ふくおか市民政治ネットワーク・古賀は、田辺かずき県議会議員と政策協定を締結しました。

4月12日に行われる福岡県議会議員選挙において、立候補予定である田辺県議より推薦依頼がありました。これを受けてネット古賀では、以下4点の政策について田辺氏と協定締結を持って推薦することに決定しました。

  1. 「原発のない社会」を目指し、自然エネルギーへの転換に努めます。
  2. 憲法9条を改変せず、また集団的自衛権を認めないことで戦争をしない国であり続けます。
  3. 子どもの権利を実現するために、条例の制定を目指します。
  4. ワーク・ライフ・バランスや、女性が働きやすい労働環境の整備に努めます。

現代の社会は、女性や子どもお年寄りや障がい者など、いわゆる社会的弱者とされる人々が安心して暮らせる社会にはなっていません。そしてそのことが少子化や若者が未来を描けない不安定な生き方となって、社会問題にもなっています。

私たちはこの4つの政策がとくに重要であるとして、田辺氏が当選されたのちは議会のあらゆる場において意見表明し、政策を進める立場をとることを確認しました。

私たち市民ネットも古賀市議会での議席を必ず勝ちとり、政策実現にむけて歩を進めます!

田辺県議政策協定

 

 

 

2015/03/07基本政策

私たちが目指す未来

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP