ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > 戦争体験者のお話を聞いて

戦争体験者のお話を聞いて

DSCN5418夏休み親子ピーストーク
本当にあった戦争のはなし
8/11 AM
語り部 Kさん(女性)
             当時小学校1年生 志免にて終戦

語り部 Iさん(女性)
             当時小学校1~2年生 北朝鮮にて終戦


 

HP用画像

当時の子どもたちは、大人たちに「なぜ?どうして?」が聞けなかった、長い重苦しい時代だったそうです。男性は戦場に行き、子どもたちの周りには女性とお年寄りしかいなかったとのことです。どれだけ心細い思いをしたことでしょうか。
大陸での戦争体験も、ここには書けないほどに悲惨で残酷なものでした。
お二人に、「戦争が終わったと感じたのはいつごろですか?」と聞きました。

今の政治を考えると、「まだ終わった気がしない。」とのこと。
語り部Kさんは、「孫達を戦地に行かせたくない。」と、付け加えられました。
憲法9条は、1度壊すと2度とできません。         

読み聞かせに使った絵本 「ぼくのこえがきこえますか」「へいわってすてきだね」

2016/08/19基本政策

私たちが目指す未来

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP