ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > 伊東ようこの6月議会報告

伊東ようこの6月議会報告

一般質問

「市民にとって投票しやすい選挙に」

選挙のたびに投票率が低下しています。投票しても社会は変えられないという無力感が政治への無関心を生み出しています。7月21日には参議院議員選挙も行われます。市長・選挙管理委員長に、市民にとって投票しやすい環境を求め質問しました。

・サンリブ古賀店での期日前投票の実施日を増やして!
・高齢者、障がい者の投票環境確保に移動期日前投票所の設置を!
・投票の権利を守るため、投票時間を20時までに戻して!


「市民にとって古賀市に道の駅は必要か」

古賀市道の駅基本計画(暫定案)が示されました。夏頃、市長が整備するかの判断を行うとしています。
道の駅の総事業費22.6億円をかけて、古賀市の活性化につながるのか!
そして、将来市民の財政負担にならないかを危惧し質問しました。

1.古賀市に道の駅を整備する目的は。
2.道の駅を整備するメリット、デメリットは。
3.道の駅基本計画(暫定案)に対する意見募集で市民から集まった意見をどう反映するのか。
4.道の駅の総事業費は、約22.6億円で財政負担が大きいが、計画されている他の事業との優先順位は。
5.コスモス広場の今後の活用は。

2019/07/11基本政策

私たちが目指す未来

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP