ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > 緊急事態宣言を受けて

緊急事態宣言を受けて

 新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大している事態を受けて、安倍総理大臣は、政府の対策本部で、福岡を含む7都府県を対象に、法律に基づく「緊急事態宣言」を行いました。
 新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受け、小川知事は、5月6日まで平日の日中を含む外出を自粛し、不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたぐ移動を避けるよう呼びかけました。

 古賀市は、県内の他の市町村とともにこの方針に協力し、感染拡大防止の実効性が上がるよう対策を講じています。
そして、古賀市の対策本部では、緊急事態宣言にあわせ、連日開催してきた市の対策本部も、今後は法的根拠を持った対策本部に移行しました。

私たちは既に「自由な生活」を享受できない厳しい状況に置かれていますが、今回の宣言を冷静に受け止め、「自分と大切な人を守る」との決意を新たにしましょう。
そして、日常生活のあらゆる場面で、感染拡大を防ぐための取り組みを進めていきましょう。

 毎月最終金曜日のしゃべり場は、自粛要請の為当分お休みしますが、電話、FAX、メール、ラインはつながっています。
コロナウイルス感染そのものに対する不安も、生活への影響、生活の見通しに対する不安についても、ふくおか市民政治ネットワークへご意見をお聞かせください。

私たちは、皆さんの声を聴き、しっかりと政治の場にその声を届けていきます。

 

2020/04/09基本政策

私たちが目指す未来

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP