ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > 8月いのちと平和

8月いのちと平和

 8月、「いのちと平和」を考える月です。
 8/6広島原爆の日、8/9長崎原爆の日、8/15終戦の日。
 思い出しましょう。私のいのちが大切なように、みんなのいのちが大切です。
 戦争は最大の人権蹂躙です。

2020年度まちづくり提案より
 古賀市は、昭和60年6月20日当時の古賀町議会において非核・恒久平和都市宣言を可決しました。
 平成21年5月1日、平和首長会議に加盟し平和行政を強化ています。
 現在、日本の政治は隣国である韓国と敵対しており、不安定な世界情勢の中市民は不安を感じています。
 日本が再び戦争への道を歩まぬよう、不戦と平和の政治の実践を望みます。

ふくおか市民政治ネットワーク・古賀 代表 大田るり子

2020/08/06基本政策

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP