ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > いのちと平和を守るくにへ

いのちと平和を守るくにへ

 憲法違反の「平和安全法」を廃止せよ!

 平和安全法は、「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律」と「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律」の総称です。
「平和安全法制」によれば、親密国が攻撃されたら日本の自衛隊は応戦に行くことになります。攻撃している国には日本も敵となり、日本は攻撃の対象になります。
日本国憲法前文
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
日本国憲法第2章戦争の放棄第9条
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

「平和安全法制」は、明らかに憲法違反です。この法律は、2015年9月19日当時の安倍政権によって強行採決されました。安全でもなく平和でもない「平和安全法制」は廃止すべきと考えます。

ふくおか市民政治ネットワークは、9月19日(日)いのちと平和をまもる合同アピールをします。(市民参加も歓迎いたします)
10:30~宗像市くりえいと南交差点(福銀前)
11:20~
福津市太郎丸交差点
12:00~古賀市花見北交差点
※時間は前後します。


 秋の衆院選で政権交代を!

 現在、新型コロナ患者が、入院出来ず自宅待機を強いられ医療にたどり着けないまま亡くなるケースが増えています。
なのに政府は、病床数削減、看護師削減などの施策を進めています。病床と医療従事者が足りない今、なぜ削減?なぜ医療関係?国民の為ですか、違いますよね。
このままでは、国民の生活は苦しくなる一方です。安心安全な生活は望めません。
 ふくおか市民政治ネットワークは、政権交代を強く望みます。
立憲、共産、社民、れいわによる野党共闘が実現しました。今が、政権交代のチャンスです!
野党は、国会では提案も多く国民の立場に立った質疑をしています。野党議員を国会に増やして、国民のための政治を実現させましょう。

衆院選では、国民の事を考えて動く政治家を選びましょう。

 

 

 

 

 

2021/09/14基本政策

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP