ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > 伊東ようこ6月議会の報告

伊東ようこ6月議会の報告

伊東ようこの一般質問

コロナ禍の子どもの育ちを支える古賀市へ
長引くコロナ禍が子どもたちの心身の発達に深刻な影響が!
国立成育医療研究センターの調査で、困っている子どもほど相談できずうつ症状が重症化する可能性が高いことがわかっています。また、保護者の心身の不調が影響を与えている場合もあり、家庭丸ごとの支援を古賀市に求めました。
暑い夏!適切なマスクの着用のために
学校では、体育の授業、部活動、登下校時にはマスクを外すよう指導しています。しかし、今までの経験もあり、マスクを外すことが出来ない子どもたちがいます。まずは、大人が判断し適切なマスクの着用をするよう呼びかけました。
 2年前の全国一斉休校で、子どもたちは「学ぶ権利」「遊ぶ権利」を奪われてきました。コロナ禍にあっても、子どもの権利を守る責任は大人にあります。

難聴特別支援学級の設置を!
 難聴は、見た目に分かりにくい障がい!周りの理解がなかなか進みません。その子にとっては、幼児期、学齢期、思春期、社会に出てからも抱え続ける一生の問題です。教育現場での啓発、相談・支援体制の充実、難聴特別支援学級の設置を求めました。

補正予算案と全ての議案に賛成しました。

2022/07/14基本政策

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP