ふくおか市民政治ネットワーク

minamiku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市南区 > 基本政策 > 2011年3月11の東日本大震災から3年

2011年3月11の東日本大震災から3年

2011年3月11の東日本大震災から、3年がたちました。

巨大地震と何もかもを飲み込んでしまう大津波の凄さは、何度映像で見ても胸が詰まります。
2万人近い人々の命を奪った天災を、私たちはどう記憶にとどめ、今後どういのちを守っていたらいいのか知恵を絞らなければなりません。また、せっかく助かったいのちなのに、長引く避難生活から震災関連死が増え続けているのは大きな問題です。

 そして、福島第一原発の事故による放射能汚染により、地震や津波の被害には遭わなかった人々が、放射性物質から身を守るために遠方に避難しています。
また、健康被害を心配しながらも、住み続けている人々も多くいます。

震災からの復興は、3年たった今も、まだまだ道半ば、被災者の生活を支える支援はなかなかに進みません。震災関連死の問題や、住宅などのインフラ整備をどうするかなど課題は山積しています。

 放射能汚染の被害はあまりに甚大で、汚染水漏れの実態さえつかめていません。
福島第一原発の廃炉は決まったものの、これから廃炉への道筋は険しいものがあります。このように危険な原発の再稼働はなんとしても阻止しなければなりません。再生可能エネルギーへと転換して、何よりもいのちを守る社会をつくっていきたい、私たちから、子や孫の世代、それに続く未来に向けて、「原発のない、安心・安全な社会」をめざして、行動していきます。

                                                                    ふくおか市民政治ネットワーク・福岡南   代表  今井あけみ

 

2014/03/11基本政策

福岡市南区

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP