ふくおか市民政治ネットワーク

munakata image
ふくおか市民政治ネットワーク > 宗像市 > 活動内容 > JRの駅名変更 本当に必要?

JRの駅名変更 本当に必要?

2017年がスタートして一ヶ月がたちました。
「神宿る島」宗像・沖の島と関連遺産群が、今年の7月に世界遺産に登録される見込みです。
世界遺産登録の主な目的は、「世界的にも稀有な遺産を守り後世に伝えていくとともに、
郷土への誇りや愛着を醸成していく」ことです。
しかし、最近では本来の目的を忘れていないかと心配になります。

世界遺産登録に観光客の増加が期待されますが、地元が混乱なく受け入れ、来訪者も満足するための課題は
多岐にわたります。観光客のおもてなしも必要かも知れませんが、市民の生活を忘れてはいけないと思います。

 

世界遺産登録に関連して、昨年7月に「宗像・沖ノ島世界遺産市民の会」からJRの駅名変更の要望書がだされました。
詳細はニュースに記載しています。
Mネットニュース147号1-4面   Mネットニュース147号2-3面

市民にとって大事なことだから、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。皆さんの声を聴かせてください。

2017/01/31活動内容

宗像市

gin_kasai

笠井かなえ

宗像市議会議員

「子育て」や「介護」を ひとりぼっち にしないまちに!
『人と人のつながり』の中に自分がいると実感できること、自分が自分として認められ、認め合える「居場所がある」いうことは、とても大切なことです。
現場が必要とするサービスを制度にするため、暮らしの現場の声を聴き、議会に反映させていきます。

------------事務所のご案内------------
・宗像事務所 
811-3436
宗像市東郷2-4-15
TEL 0940-37-0700

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP