ふくおか市民政治ネットワーク

munakata image
ふくおか市民政治ネットワーク > 宗像市 > 基本政策 > 臨時議会で補正予算が可決されました。

臨時議会で補正予算が可決されました。

4月28日、臨時議会で補正予算の審議を行い、可決されました。

新型コロナウイルス感染症に係る緊急支援策としての補正予算額は
 国の特別定額給付金給付事業に係る経費 98億9,156万5千円
 宗像市独自の緊急支援対策費        5億1,850万円  です。

宗像市独自で、経済環境悪化の防止・市民の生活不安軽減のための緊急支援策は、
1、市内事業者への緊急対策費として  4億8,750万円
 ・売り上げが15%以上減少した小規模事業者への助成  一律 30万円
 ・デリバリー導入などの経営革新を行う飲食店等への助成
   (飲食店等応援プロジェクト「#宗像エール飯」の取り組み)
 ・計画的借り入れのための「資金繰り・経営相談会」の延長・強化
2、離職や内定取消者等の緊急雇用   3,100万円
 ・会計年度任用職員等を30人雇用する

市民ネットは、以下の要望を付けて賛成しました。
1、今回の経済緊急支援策は評価できますが、生活支援策が含まれていません。
   休校措置が続く中、子育て世代には、精神的、経済的影響も出てきています。
     市民の声を聴き、生活支援策を早急に実施すること。
2、市民に、タイムリーに情報を伝えるためにホームページを充実させ
   見やすく必要な情報が取り出しやすい工夫、見直しをすること。

今、市民の皆さんから届いている声は、今後宗像市へ提案していきます。
提案した内容や回答は、後日報告します。

 

2020/04/29基本政策

私たちが目指す未来

宗像市

笠井かなえ

宗像市議会議員

「子育て」や「介護」を ひとりぼっち にしないまちに!
『人と人のつながり』の中に自分がいると実感できること、自分が自分として認められ、認め合える「居場所がある」いうことは、とても大切なことです。
現場が必要とするサービスを制度にするため、暮らしの現場の声を聴き、議会に反映させていきます。

------------事務所のご案内------------
・宗像事務所 
811-3431
宗像市田熊2-1-1
TEL 0940-37-0700

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP