ふくおか市民政治ネットワーク

nakagawa image
ふくおか市民政治ネットワーク > 那珂川町 > 基本政策 > 議員に厚生年金って必要?!

議員に厚生年金って必要?!

議員の厚生年金を求める意見書が那珂川町で可決されました。
ふくおか市民政治ネットワークは政治に参加する人の輪を広げるために、議員の特権化、職業化をしない取り組みとして2期8年で交代する独自のルールを設けています。議員の厚生年金は必要なものなのか、私たちの考えを記します。

平成23年6月、年金財政の悪化により地方議員年金制度が廃止となりましたが、実質的な制度の廃止までには60年近くかかると言われ、そのために1兆3600億円の税金を原資として負担金を出し続けています。
ところが、議員年金の廃止から5年たった今、地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書を提出する動きがあり、「議員のなり手がいない」「退職後の生活が不安」などが理由になっています。
これらの課題が議員の厚生年金加入で解決するとは思えませんが、仮に地方議員が厚生年金に加入した場合、掛金の半額は自治体が支払うことになり、全地方議員が厚生年金に入ると、毎年170億円の税金が必要になります。

① 公費負担が大きいこと
②住民の意見を聴いていないこと

上記の①、②を理由として12月議会において、反対討論を行いました。

本来は国民年金だけでは生活できないという実態に目を向け、最低生活が保障されるよう国民年金制度の改革にこそ着手すべきです。非正規で働く人や国民年金加入者の中には、掛け金を払えないという現実があり、税金を使って議員だけが老後の生活保障されることは、到底受け入れられるものではありません。
また、全国的政務活動費の不正受給が問題になっており、使われ方が問われている今、地方議会に市民の関心や信頼を取り戻すための仕組みづくりが急務であると考えます。

2017/01/14基本政策

那珂川町

gin_ito2016

伊藤ともこ

那珂川町議会議員

中1、小5、小1の3人の子どもを育てています。
母親の視点で、子ども達を中心に置いた社会の実現を目指しています。
女性ならではの、気付きを議会へ届け、「住んでるまちを住みたいまち」にしていきます。

------------事務所のご案内------------
・那珂川事務所 
811-1202
筑紫郡那珂川町片縄西4-6-7
TEL 092-954-0224

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP