ふくおか市民政治ネットワーク

nakagawa image
ふくおか市民政治ネットワーク > 那珂川町 > 基本政策 > 特性を活かす企業~障がい者つくし更生会~

特性を活かす企業~障がい者つくし更生会~

2017年10月23日、福岡県大野城市にある不燃物や資源ごみを扱う(株)障がい者つくし更生会に見学に行きました。
障がい者雇用率は86.5%   (総数39名中、障がいのある方は36名)
補助金や給付金などの福祉の助成金はもらわず、仕事の質の高さで行政から信頼を得て、経営を行っています。
全国の廃棄物処理場で破砕処理を行っているのは600ケ所ほどで、事故を起こしていない処理場はこの施設だけ全国トップレベルとのこと。

創業者は「障がいがあっても社会に参加し当たり前に生活できるように」と願い”障がい者”のために会社を設立したそうです。
障がいを特性として捉え、苦手なことは誰かが補佐し、お互いをわかり合い助け合いながら働く、どこにでもある会社の形だと思いました。とても印象的だったのは、働いている方がみなさん笑顔で応対してくださったことです。仕事に誇りややりがいを感じていることがわかりました。
わたしたちも突然障がいを持つ可能性があります。つくし更生会のような会社は、これからの企業のロールモデルになっていくと強く思いました。


IMG_0828  笑顔で説明してくださっている様子

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0817  作業は人の目と手で丁寧に行っています

 

 

 

 

 

 

<参加者の感想>

施設の中は匂いもほとんどなく、ごみ処理施設とは思えないほど清潔にされていました。
専務のお話で印象に残ったのは、「人は決めつけて教育するとそのレベルまでにしか育てない」ということです。
現場でのトラブルが起こった際には、どうしてそのような事が起こったのか、障がいあることが関係しているのかなど、じっくり当事者からの言葉を引き出し、今後どのようにしていくべきか一緒に考えてステップを踏んでいるということでした。その積み重ねの結果、一人ひとりが持っている能力を最大限に引き出せているのだろうなと思いました能力を信じ、可能性を活かす。子育てにも通じる、シンプルで大切なことを教えてもらいました。
家庭も学校も企業もこんな思いで教育に取り組むことができれば素敵な社会になるだろうと思いました。

 

2017/11/12基本政策

那珂川町

gin_ito2016

伊藤ともこ

那珂川町議会議員

中1、小5、小1の3人の子どもを育てています。
母親の視点で、子ども達を中心に置いた社会の実現を目指しています。
女性ならではの、気付きを議会へ届け、「住んでるまちを住みたいまち」にしていきます。

------------事務所のご案内------------
・那珂川事務所 
811-1202
筑紫郡那珂川町片縄西4-6-7
TEL 092-954-0224

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP