ふくおか市民政治ネットワーク

okagaki image
ふくおか市民政治ネットワーク > 岡垣町 > 活動内容 > 初めてだらけの交流集会

初めてだらけの交流集会

    交流集会2018

7月21日、22日に開催された「全国市民政治ネットワーク交流集会」に参加した。ネットの活動に関わるようになって1年、事務局長になって4か月目のことだった。初めての東京、初めての飛行機、初めての全国交流集会……。そして、ふくおか市民政治ネットワーク・岡垣からの参加は私一人だったこともあり、漠然とした不安を抱えての参加だった。

初日は、NPO法人ほっとプラス代表理事藤田孝典さんと慶応義塾大学経済学部教授井手英策さんによる講演会。テーマは「社会保障と財政について」。重く難しい内容に感じていたが、おふたりの話はとても分かり易く、時に面白くあっという間の時間だった。特に井手さんの話は私にとってとても衝撃的だった。一般的に税金はあまりイメージの良いものではなく、増税のたびに不満が出る。それは、「税を払うことで受けられる恩恵を十分に感じられないからだ」と。増税によって社会保障を充実させる仕組みに転換し、誰もがその恩恵を感じられる社会へ。「All for All」、みんなの税をみんなのために。とても響く言葉だった。今の社会に対する不安や心配の根源を知ることで、私たちが今後どう生かすか良いヒントになった。また、「どんな社会を次の世代の子どもたちに残すかが大切」とも。今、私が感じている不安や心配を、未来では少しでも減らせるように活動したい。

  IMG_3434      交流集会2018-1

その後の交流集会では、とても元気で明るくパワフルで、いろんな方がいろんな思いを持って活動している姿に、とても刺激をうけ、勇気づけられた。

2日目、私は第5分科会で調査活動の報告を聞いた。特に、神奈川ネットワーク運動の「まちをひらき、子どもを育てる」という報告は、子育て中の私にとって興味深い内容だった。一時保育だけでなく親子が一緒に過ごせ相談もでき、まちぐるみで子育てにかかわる場所はとても魅力的だった。また、ネット・福岡城南の「子ども・若者の居場所調査」の報告も印象的だった。岡垣町は高齢者の多い地域だが、住宅地が増え若い世代が増え、不登校や大人のひきこもりなどの問題も挙がっている。ぜひ参考にしたい報告だった。どの調査報告も決して他人事ではなく、視野に入れて取り組んでいきたいと思った。

ネット・岡垣は、これから来年4月の地方統一選挙に向け、初めてのローテーション(議員の任期を2期8年とし交代する)と複数化を目指している。未熟で頼りない私を事務局長として迎えてくれたネット・岡垣のみんなと、よりよいまちをつくりたいと思いを強くした。

余談だが、帰りの飛行機が福岡空港の落雷の影響で大分空港に向かうハプニングがあった。行き帰りを一緒に過ごした他ネットメンバーとたくさん話す機会となったことも、頑張ろうという励みとなった。また、そのことが一生忘れられない初めての飛行機体験となった。

(おかむら みずほ)

2018/08/31活動内容

岡垣町

gin_nishi

西みちよ

岡垣町議会議員

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP