ふくおか市民政治ネットワーク

okagaki image
ふくおか市民政治ネットワーク > 岡垣町 > 基本政策 > 二度と戦争のない国を

二度と戦争のない国を

安保法制関連法が2015年9月19日に強行採決されて4年が経過しました。ふくおか市民政治ネットワークは、平和な社会を子どもたちに残すことをあきらめず、市民にアピールするため、統一行動を行っています。

今回は10月19日に、ネット・岡垣とネット・北九州で合同街宣を行いました。

ネット・岡垣の30代 運営委員が初めてマイクを握り、買い物に来られている方々に思いを述べました。 

 

ふくおか市民政治ネットワークが大切にしている政策のひとつに、「平和と人権を守る」というのがあります。

 4年前の9月19日、集団的自衛権の行使容認を柱とした安全保障関連法が参議院本会議で可決、成立しました。

私は、集団的自衛権を行使するこの法制は、戦争の放棄をうたった日本国憲法第九条に違反していると思います。

 70年前、小学生だった私の祖父母は、戦争でつらい体験をしました。祖母の兄は、戦地で亡くなったと子どものころに話してくれました。

その祖父母も、今はこの世に居ません。

戦争を実体験として語って下さる方々が、表舞台から去っています。私は、その体験を次の世代へ語り継いでいくべきだと、先輩方が「二度と戦争のない国を」と願い作って下さった今を、戦争と言う選択肢を持つ日本に変えてはいけないと思います。

 私は、祖父母から聞いた話を自分の子どもにも将来、話したいと思います。また自分自身も戦争について、もっと学び、考え、行動していきたいと感じています。

 皆さん一人一人が、平和とは何かを考え、選択していくことで、そして子どもたちの未来がより良いものになっていくと思っています。

命を育む女性の視点を大切にし、年をとっても、障がいがあっても、子育てをしていても、だれもが支えあうことのできる岡垣町を目指して活動をしていきます。

 安里まさえも平和への思いを訴えました。

   黒崎にて

 

2019/10/21基本政策

私たちが目指す未来

岡垣町

安里まさえ

安里まさえ

岡垣町町議会議員

プロフィール

私たちが目指す未来

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP