ふくおか市民政治ネットワーク

ふくおか市民政治ネットワーク > お知らせ > 3.11東日本大震災と福島原発事故から9年 10年目の節目に寄せて

3.11東日本大震災と福島原発事故から9年 10年目の節目に寄せて

被災地の一人ひとりの暮らしと心の再建こそ、これからも

 今日、2020年3月11日は大震災から9年。節目の10年目を迎えます。
 津波や地震で亡くなられた方や被害を受けた方々にあらためて心より哀悼の意を表します。また、様々な事情で避難せざるを得なかった方、避難したくてもできなかった方、ふるさとを離れてのち、戻りたくても戻れない方々、すべての被災者のみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

 国が定めた「復興・創生」期間は、今年2020年で終了します。残念ながら、新型コロナウィルス対策で政府主催の追悼式は縮小されますが、今年は「復興」とは何かをあらためて考える大切な節目の年ではないでしょうか。

 政府のいう復興とは果たして何でしょうか。復興予算を使ってきれいにかさ上げされたまち、新設された公共施設、巨大な堤防(台風で浸水被害を増幅させてしまった)、除染作業で帰還困難区域を解除すること、そして「復興」オリンピック・・・ すべてハード面の復興であり、被災地の市民ひとりひとりの生活再建に緒がついたわけではありません。

 住む人が増えない自治体は厳しい財政問題を抱えたままです。
 福島原発の解体への工程は難易度が高く、汚染水、除染土の問題など課題は山積みです。また、日本全体で積みあがる使用済み核燃料の今後の処理など、原子力発電にかかわる多くの問題が残されたままです。私たちはこれらのリスクについて国任せにせず、私たち自身が考え、対話し、解決に向けて行動していかなければならないのです。

 気候危機に瀕する今、原子力でも石炭火力でもないエネルギーを使って私たちの暮らしをどうしていくか・・・ 高齢化の進むコミュニティで困窮して孤立する人にどう寄り添っていくのか・・・等々

 被災地に立ち現われる社会の課題は、被災地だけの問題ではなく、私たちの社会の問題です。
 私たちは福岡の地から被災地や、被災地に暮らす方々に思いを寄せ、被災地に凝縮して表れる社会の課題解決に向けて、「市民参画」の手法で取り組んでいきます。

 

2020/03/11お知らせ

私たちが目指す未来

リンク

伊藤ともこ 笠井かなえ 讃井さちこ 田中じゅんこ 森あや子 清水みちこ 伊東ようこ 安里まさえ 市民運動助成金 自治体議員立憲ネットワーク お知らせ一覧 全国市民政治ネットワーク
Page TOP