ふくおか市民政治ネットワーク

koga image
ふくおか市民政治ネットワーク > 古賀市 > 基本政策 > まちづくり提案しました(11月2日)

まちづくり提案しました(11月2日)

 活動の中で集めた皆さんの声をまとめて、田辺市長にまちづくり提案をしました。今回は、子ども達と関わるお仕事や活動をされている方が参加されて、現場の声を伝える事が出来ました。

 ⇩まちづくり提案から抜粋
・学童保育や社会体育団体など、子どもに関わるあらゆる支援者が「子どもの権利」を学べるよう研修を行ってください。
・学校給食は、地産地消促進のためにセンター式から親子式や自校式への検討を進め、食育の観点から給食を和食中心の米飯給食にしてください。
・介護や保育、教育など、人をケアする職員の処遇、労働環境の改善に務めてください。
・多様な性の在り方を認める教育を進めてください。誰にも言えず悩んでいる子どもがいることを意識した声かけと支援の在り方を教育現場でも徹底してください。
・パンデミックを含む災害時に、公共施設で子どもの居場所を確保してください。

これからも、住みたいまち、住み続けたいまちづくりの為に、議員からだけでなく市民も直接提案していきます。

2021/11/18基本政策

古賀市

伊東ようこ

古賀市議会議員

子育てや介護をひとりぼっちにしないまちに
子どもや高齢者の貧困が社会問題になっています。世代間に渡る貧困の連鎖を断ち切るためにも、困っている人を孤立させないまちにしたいと考えます。
そのために、コミュニティソーシャルワーカーの配置や民生委員の育成・増員などの実現に向けて、市民と共に提案し続けます。

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP