ふくおか市民政治ネットワーク

minamiku image
ふくおか市民政治ネットワーク > 福岡市南区 > 活動内容 > 託児を通してみえること、母としてみえてきたこと

託児を通してみえること、母としてみえてきたこと

   ~昔、今、そしてこれからの子育てについて語りあう~

 講師に 社会福祉法人グリーンコープ りすの樹 子育てサポートセンター 
チューリップの保育士 藤田 薫さん をお迎えして「子育て講演会」を開催しました。

 藤田さんには、幼稚園教諭やご自身の二人の子育て、福岡市の乳幼児検診のスタッフなどの豊富な経験を通してみえてきた、最近の子育て事情などお話しいただきました。

 約20年前は、母親が髪振り乱して子育てしていたように思うけれども、最近は、母親の年代に開きがあり、その母(子どもの祖母)に検診に付き添われてくる若い母親もあり、さまざま。育児書、子育て情報は氾濫して、マニュアル通りに子育てしようと焦る母親の姿があり、子育ての孤立化が感じられるそうです。

 余裕がなくて、ついつい叱ってしまう母親の心情の相談には、「一呼吸おいて、抱きしめる」とのアドバイス。子どもの気持ちを受け止める言葉かけも大切とのことでした。子ども達とともにゆったりとお茶にお菓子をいただきながら、いつの時代も親の愛情は変わらないと感じたひとときでした。

  

2013/12/04活動内容

福岡市南区

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP