ふくおか市民政治ネットワーク

nakagawa image
ふくおか市民政治ネットワーク > 那珂川市 > 基本政策 > 伊藤ともこの政策

伊藤ともこの政策

伊藤ともこは

子育て
高齢者
就労
環境
地域の活性化

5つのことを基本政策に掲げています。

今日は子育て施策として「中高生の居場所づくり」についてお話をします。
本町には2つの児童館があります。
しかし、どちらの児童館も日常的に中学生以上の子どもの利用は認められていません。
このことを問題と捉えています。
思春期の子ども達だからこそ
安心して友人と語り合う場所
身体を思い切り使って発散する場所
集中して勉強をする場所などなど…
伊藤ともこは中高生の居場所づくりが必要だと考え、引き続き求めていきます。

児童福祉法でのこどもの定義は18歳未満と定められています。
このことからも児童館での中高生の利用が認められていないことは
整合性が図られていないと思うのです。
一部の地区公民館では空き教室があれば勉強の場として中高生に開放しています。
それでは中高生の居場所は後回しにされていると感じています。

2017/03/05基本政策

那珂川市

稲生(いのう)まりこ

那珂川市議会議員

大好きな那珂川市をもっとずっと住み続けられるまちにするために市政にチャレンジします。
2011年、当時赤ちゃんだった長男を抱きながら、福島第一原発事故後の国の対応をみて政治は人任せにしてはいけないと痛感し、行動して参りました。
私たちの生活の課題は政治に直結しています。
「生活って政治!」を合言葉に、子どもたちの世代に平和で豊かな未来を手渡します。

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ

Page TOP